★「青春サイクリング」(小坂一也)に故郷の山里の秋を想う

秋「にっぽんのうた 世界の歌」10/12(水)で「青春サイクリング」(小坂一也)と「柿の木坂の家」(青木光一)が、流れてきた。 歌に触発されて、故郷の山里の秋を想う。 先々週までは、華色鮮やかだった彼岸花も色を失い枯れてる。 秋も終わりに向かい冬が忍び寄ってる。
スポンサーサイト
関連記事

★日吉ミミの歌声の想い出は…

碧空10/11(火)歌謡スクランブル -哀愁のラブソング-(1)の録音を夕食後聞き流してた。「世迷い言」(日吉ミミ)が流れてきた。 1970年代70年安保以降の雰囲気に浸って過ごした学生時代の断片が走馬灯を呈した。 彼女の独特の高音とその歌詞は、その時の私に符合してた。   


関連記事

★つのだ☆ひろ氏のミュージックプラザの「あなたの昭和歌謡」について

ki45c
つのだ☆ひろ氏のミュージックプラザ「あなたの昭和歌謡」は、
愛聴番組の一つである。
10/17(月)は、曲名に「あなた」や「You」が
付くものを集めての放送。
思いつく曲と言えば、とっさに浮かぶのは、
「あなたのブルース/矢吹健」
  「小指の想い出/伊東 ゆかり」
     「あなたにあげる/西川峰子」などなど。
今でも、伊東 ゆかり嬢の曲は、BGMとして屡々流す。
唐突に想い出した矢吹健氏や西川峰子嬢は、記憶の底に
沈んでいた。
思い出せば、矢吹氏も峰子嬢も印象の強い歌唱を
されてたと思う。
どのような曲が放送されるか、10/17(月)が楽しみ…。 
                             
                        
関連記事

★10/09(日)の ラジオ深夜便がBGM

ki51m今日のUP作業のBGMは、10/09(日)の ラジオ深夜便
▽ロマンチックコンサート                 
  「ヴィンテージ・ポップス~シャルル・アズナブール集   
  “忘れじのおもかげ(シー)”“ラ・ボエーム”      
  “イザベル”ほか」である。
若き日?試験勉強の合間に点けたラジオから流れた
「イザベル」にくぎ付けになった。
曲の題名が、「イザベル」で歌ってたのが、
シャルル・アズナブールであることを知ったのは、
最初に耳にしてから10年以上後の事であった。                   

関連記事

★10/09(日)のラジオ深夜便は…

ki45c

10/09(日)ラジオ深夜便の
▽にっぽんの歌こころの歌は、                 
  「作家でつづる流行歌~石本美由起作品集」であった。
美空ひばりの「“港町十三番地”」や島倉千代子の歌声は、小学低学年時の記憶と連動する。
真空管式ラジオやブラウン管式テレビで慣れ親しんだメロディ。
遥かなる歌声かも。  
   

関連記事

★ドラマ『ちょっとしあわせ』の主題歌

kigi6_15
今夜も、以前に録音してた
「 ミュージックプラザ -私の昭和歌謡-つのだ☆ひろ」を聴いてる。
つのだ☆ひろ氏の軽妙洒脱の語り口に引かれ愛聴してる番組である。
その当日は、冒頭に
「『よろしく哀愁』(よろしくあいしゅう)/1974年9月/郷ひろみ」を
リクウエスト曲として取り上げてあった。
軽快な曲で、好感の持てる曲で記憶の片隅に残ってた曲である。
テレビドラマ『ちょっとしあわせ』
(1974年/NET(現・テレビ朝日))の主題歌だった。
このことを知ったのは、ごく最近である。
1974年当時、私は大学在学中で
70年安保の余韻の残る世情であったと記憶してるが…。
関連記事

★「ラジオ深夜便」▽ロマンチックコンサートの徒然を綴る

kigi6_15 今日は、ラジオで聞いた音楽の徒然を綴る。
 因に、今以前録音してた「ラジオ深夜
 便」▽ロマンチックコンサート                 
  「ジャパニーズ・ポップス・アーティ スト・ファイル~アダルト・ポップス系
 作家集
  “スローなブギにしてくれ”“バルトークの影”“ホールド・ミー・タイト”ほか」を
BGMに記事を作成した。
          
関連記事

●アップル創業者のジョブズ氏の逝去に万感の思いあり

心より米アップル創業者のジョブズ氏のご逝去を悼み申し上げる。
Mac無くしては、今の私は、なかったかも。
偉大なジョブズ氏に、感謝します。
黙祷

碧空


(昔話)
20年以上の前のことである。
当時、私の職場は、パソコン後進地区であった。
パソコンと言えばコボルで動くコンピューターが、
1台と言ったOA後進職場だった。
時代の要請で、ワープロ機1台とMS-DOSで
動くパソコン1台が、導入された。
導入後、手書き文書が、徐々に廃止され、
印字書類での提出や保存が義務化された。
ワープロ機での書類作成やパソコンでの
データー処理が求められた。
当時のパソコン音痴のオジサンが、窓際に追われ始めた。
パソコン通の若者は、MS-DOSを自在に操り
大量の事務処理やデーター処理を短時間にこなした。
印字書類を、作る事を求められたパソコン音痴の
40歳上のオジサン達は、こぞってワープロ機を
購入し書類作成に必死であった。
当時の私も,パソコン音痴のオジサンでした。
私も追いつめられワープロ機の購入を迫れていた。
思い余って職場所在地の医大の知人に相談をもちかけた。
彼の研究室で、Macのパソコンをみせてもらい衝撃を
受けた。
職場の週1の4時間のOA研修(死語かもOAは)3ヶ月に渡り
48時間もパソコン操作の受講を余儀なくされた。
それなのに、パソコン起動やアプリ立ち上げ
データー作製や保存呼び出しやフリーズ等の処理や印刷処理も
出来なかったたのは何だったのだろうかと。
それが、知人の指導で、わずか30分余りでこれらの事が、
自在に操作できたのだ。
しかも音声や音楽や画像のデーターを自在に
扱えたのだ。
そのカード型アプリは、現在のプレゼンテーションソフトの
機能を有して米国の教育界や研究者の間で用いられた
ソフトでした。
すぐに知人にその大学に納品してたMacの取り扱い業者を
紹介してもらった。
当時金額で200万余り
(当時の日産スカイラインの販売価格)ローンを組みで
Macブックやプリンターやスキャナーを購入した。

続く


関連記事

心ならずも。

10/5(水)は、雨だあった。
今朝は、雨も上がり有り難い。
昨夜録音してたにっぽんの歌こころの歌                 
  「懐かしの歌謡スター~霧島昇&松原操集         
  “一杯のコーヒーから”“三百六十五夜”“旅の夜風”等を聞きながら
ブログを更新してる。
今日も、感謝で生きよう。
関連記事

ブログ開始

今日から、ブログ開始。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。