☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その1 ( 国分佐智子 vol-1 [陽炎の辻2-お銀 役他])」の想い出は…

その1( 国分佐智子 vol-1 [陽炎の辻2-お銀 役他])の想い出は…  ドラマと言う宇宙に煌めく星々(ほしぼし)の輝きの想い出を抱きて帰天の日来たらば我も天界に昇らん 訪問に感謝します

秋


…………………………………………………………………………………………………………
(あらすじ)
幽霊になっても社内のロッカールームに地縛霊と化して定住している華子さん。
はなこさんは社内の一部のOLにしか見えない。
性格・仕事振り等異なるOL瑠布子、みそら、かけるが毎回華子さんに
悩みを打ち明けていくと言う話。
(参考)◎国分佐智子 オフィシャルブログ
…………………………………………………………………………………………………………
(想い出など)
ドラマ「ロッカーのハナコさん」は、2002年にNHK夜の連続ドラマで放送された時、リアルタイムで視聴。

 取り分け大市理子役の国分佐智子嬢との遭遇が印象に残ってる。
 セリフ回しの声音に魅了されビデオテープを何度も巻き戻した。

 2002年にはわが家もネット環境が導入済みであった。
 NHKのホームページで大市理子役が 国分佐智子嬢と知った。

 国分嬢の声がハスキーボイス(【husky voice】しゃがれ声-かすれ気味で魅力的な声)
に分類されるか自信はない。
 私には、同嬢と大原麗子嬢が声に魅了される女優の双璧である。
 麗子嬢の記憶が、呼び覚まさされたのは、国分嬢の魅惑的な声である。
 国分嬢の声の出会いこそが、麗子嬢の魅力を再認識させてくれた。

 その後、次のようなドラマで、国分嬢を、観るのだが…。

 5年ほど前の再放送であっただろうか?
 ナースのお仕事3(フジテレビ系 - 上原真弓役-2000年放映)で、ロッカーの華子さん以前の国分嬢の演技を観る。
 リアルタイムで視聴したのだが、陽炎の辻2〜居眠り磐音 江戸双紙第3話「心残り」(NHK-お銀 役2008年放映)で、時代劇も嵌まる女優さんだと感心した。
 これも、リアルタイムで楽しませてもらったのだが、かりゆし先生ちばる!(主演-望月陶子-[葉山陶子]-役2009年6月29日 - 9月18日-テレビ東京- 放映)で、八重山諸島・小浜島(劇中、美しい南の島「美浜島」として登場)の沖縄の情景と彼女の声と演技を堪能した。
 (続く その2)

記事が、良いと感じたらクリックを ↓
               にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



…………………………………………………………………………………………………………
(関連記事)

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その1 ( 国分佐智子 vol-1 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その2(ともさかりえ vol-1)」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その3( ともさか りえ vol-2 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その4( ともさか りえ vol-3[篤姫] )」の想い出は…

** あらすじ   

** 北浦華子の衣装の写真集

(参考)
NHK木曜時代劇「陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜」
NHK土曜時代劇「陽炎の辻3 〜居眠り磐音 江戸双紙〜」
ナースのお仕事
平山あやオフィシャルブログ
…………………………………………………………………………………………………………
(補足)

『ロッカーのハナコさん』が、2002年にNHK夜の連続ドラマで放送される。
2003年には『帰ってきたロッカーのハナコさん』が放送される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)/ロッカーの華子さん


メインキャラクター

◎北浦華子 - ともさかりえ

幽霊とは言っても、とてつもないハイセンスでおしゃれなので、
凡そ暗いイメージは無い。
毎回ファッショナブルな小粋な衣装を身に纏い、仕事も出来る
自称万能地縛霊。一部のOL達からは崇拝されていて、社内の神頼み的存在。
トイレの花子さんと一緒にされることを極端に嫌う。1992年死去、享年31。

◎小嶺瑠布子 - 吹石一恵

新入社員としてエリートコースに配属されたが、仕事が未熟で失敗ばかりのOL。
何故か華子さんの事が見えるので、色々と悩みや相談を持ちかけて助けて貰っている。
第2シリーズでは自分から営業に転職願を出し、仕事の楽しみもようやく判り始め、
仕事に精を出すのだが…、上司には未だ「新入り」呼ばわりされる日々。

◎大市(緒園)理子 - 国分佐智子

他のキャストと違って至って仕事の出来る常識人。
華子さんに対して唯一「貴方の力は不要」とアドバイスを拒否。
海外留学帰りの才媛(この辺り国分の経歴を基にしている)で、
華子さんの力等要らなさそうに見えるが、何故か華子さんが見える。
華子は仕事が出来るのに自分の事が見える理子こそ自分の
後継者だと決め付けている。
第2シリーズでは緒園課長と結婚し寿退社。

◎御厨みそら - 平山あや  

◎長野かける - 田丸麻紀 デビュー作品 帰ってきたロッカーのハナコさん (NHKテレビ)新人OL・長野かける役
…………………………………………………………………………………………………………
スポンサーサイト
関連記事

☆ドラマ『東京ラブストーリー/その2( 有森也実 /織田裕二/鈴木保奈美 )』の想い出は…

( 有森也実 /織田裕二/鈴木保奈美)の想い出は…ドラマと言う宇宙に煌めく星々(ほしぼし)の輝きの想い出を抱きて帰天の日来たらば我も天界に昇らん

kigi14c_15.jpg


(その2)
 永尾完治 ( 織田裕二)と関口さとみ ( 有森也実)に親近感を覚える。
 就職して間も無い私自身が抱いた心情は完治に通じる…。
 又、振り向いてくれない女の子を諦め切れず「完治」同様に悶々(もんもん)と過ごした学生時代の我が姿が重なる…。
 織田氏の演じる「永尾完治」だから私の記憶の底に沈めた感情を呼び覚ましたかも…。
 也実嬢も「関口さとみ」 としての生身の女性としての息遣いや心情や性(さが)を見事に演じる…。
 両者の程好いリアルな演技が、鈴木保奈美嬢演じる「赤名リカ」を際立たせる。
 今振り返れば、織田氏と也実嬢の立ち位置が、「赤名リカ(鈴木保奈美)」に対して「時代劇の殺陣」での「名切られ役」や「敵役」だったような気がする。
 織田氏と也実嬢の演じた人物像が、当時の女性が憧れた女性像「赤名リカ」を輝かせて、赤名リカ(鈴木保奈美)を確立させた思うのだが…。
 それは、私の思い込みかもしれないが…。

(続く その3)


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

…………………………………………………………………………………………………………

(関連記事)

☆ドラマ『東京ラブストーリー / その1 ( 千堂あきほ/有森也実 /織田裕二 )』

☆ドラマ『東京ラブストーリー / その2 ( 有森也実 /織田裕二/鈴木保奈美 ) 』

☆ドラマ『東京ラブストーリー / その3 ( 千堂あきほ/有森也実 )』

                                       補足 ↓

Read more...

関連記事

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その2(ともさかりえ vol-1[金田一少年の事件簿 ])」の想い出は…

その2(ともさかりえ vol-1)」の想い出は…ドラマと言う宇宙に煌めく星々(ほしぼし)の輝きの想い出を抱きて帰天の日来たらば我も天界に昇らん
春の息吹



(あらすじ) ☆ドラマ「ロッカーのハナコさん」
幽霊になっても社内のロッカールームに地縛霊と化して定住している華子さん。
はなこさんは社内の一部のOLにしか見えない。
性格・仕事振り等異なるOL瑠布子、みそら、かけるが毎回華子さんに
悩みを打ち明けていくと言う話。


(想い出など)
ともさかりえ」嬢との最初の出会いは、金田一少年の事件簿 シリーズ(1995年 - 1996年、日本テレビ) - 七瀬美雪 役(ヒロイン)である。

 「ともさか」嬢の16歳から18歳頃の高校生として等身大に演じてる。

 彼女の容姿に、モディリアーニ (Amadeo Modigliani)モディリアーニ【若い女の肖像(ジャンヌ・エビュテルヌ)】との共通項を感じる。
 
 項から方にかけてのラインが綺麗さや、唇にから頬にかけての表情やセリフ回しが、独特であり記憶に残る。

 背も高く面立ちから受ける印象に、実年齢よりもやや大人びて感じていたが…。
 97年以降は、「ともさか」嬢の出演ドラマ視聴から、遠ざかっていた。

 「ロッカーのハナコさん」を、2002年にNHK夜の連続ドラマで、リアルタイムで視聴し「ともさか」嬢と再会した。

 当ドラマには、「美雪 」から成長した演技派の「北浦華子」としての「ともさか」嬢がいた。
 華子さんを演じたのは、23歳頃と思う。
 共演の「吹石 一恵」嬢は、20歳と思われる。
 20代の二人の「ともさか」嬢「吹石」嬢との掛け合いは、将に噴飯物であった。
 毎回視聴しては、私は、笑い転げ仕事の憂さを忘れさせてもらってた。
 (続く その3)

記事が、良いと感じたらクリックを ↓
               にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
(補足) 金田一少年の事件簿 (テレビドラマ)
(概要)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 名探偵金田一耕助の孫、金田一一(はじめ)が、幼なじみの七瀬美雪、警視庁の剣持勇警部と様々な難事件を解決するテレビドラマ。
 決め台詞は「ジッチャンの名にかけて!」、「謎はすべて解けた!」。
 第1シリーズの続編に当たる第2シリーズを除き、各シリーズはキャスト・スタッフが異なり、設定も別個独立のものになっている。
 メインキャストはそれぞれ、
堂本剛・ともさかりえ・古尾谷雅人(第1・2シリーズ)、
松本潤・鈴木杏・内藤剛志(第3シリーズ)、
亀梨和也・上野樹里・加藤雅也(第4シリーズ)。
 また、堂本と松本は共にこの作品が連続ドラマ初主演作でもある。
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
(関連記事)

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その1 ( 国分佐智子 vol-1 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その2(ともさかりえ vol-1)」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その3( ともさか りえ vol-2 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その4( ともさか りえ vol-3[篤姫] )」の想い出は…

** あらすじ   

** 北浦華子の衣装の写真集
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
(参考)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)/ロッカーの華子さん

ストーリー

幽霊になっても社内のロッカールームに地縛霊と化して定住している華子さん。
はなこさんは社内の一部のOLにしか見えない。
性格・仕事振り等異なるOL瑠布子、みそら、かけるが毎回華子さんに
悩みを打ち明けていくと言う話。

メインキャラクター

◎北浦華子 - ともさかりえ

幽霊とは言っても、とてつもないハイセンスでおしゃれなので、
凡そ暗いイメージは無い。
毎回ファッショナブルな小粋な衣装を身に纏い、仕事も出来る
自称万能地縛霊。一部のOL達からは崇拝されていて、社内の神頼み的存在。
トイレの花子さんと一緒にされることを極端に嫌う。1992年死去、享年31。

◎小嶺瑠布子 - 吹石一恵

新入社員としてエリートコースに配属されたが、仕事が未熟で失敗ばかりのOL。
何故か華子さんの事が見えるので、色々と悩みや相談を持ちかけて助けて貰っている。
第2シリーズでは自分から営業に転職願を出し、仕事の楽しみもようやく判り始め、
仕事に精を出すのだが…、上司には未だ「新入り」呼ばわりされる日々。

◎大市(緒園)理子 - 国分佐智子

他のキャストと違って至って仕事の出来る常識人。
華子さんに対して唯一「貴方の力は不要」とアドバイスを拒否。
海外留学帰りの才媛(この辺り国分の経歴を基にしている)で、
華子さんの力等要らなさそうに見えるが、何故か華子さんが見える。
華子は仕事が出来るのに自分の事が見える理子こそ自分の
後継者だと決め付けている。
第2シリーズでは緒園課長と結婚し寿退社。

◎御厨みそら - 平山あや  

◎長野かける - 田丸麻紀 
関連記事

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その3 ( ともさか りえ vol-2 [anego-アネゴ])」の想い出は…

その3(ともさかりえ vol-2)」の想い出は…ドラマと言う宇宙に煌めく星々(ほしぼし)の輝きの想い出を抱きて帰天の日来たらば我も天界に昇らん

碧空

  ともさかりえ嬢との再会は、ドラマ『anego-アネゴ-(あねご)』での再放送である。
 不安定な精神状態の人妻沢木絵里子(さわき えりこ)を見事なまでに演じ切りドラマの存在感に寄与してる。
 篤姫のお近役の好演も納得いく出来栄…。
 もはや、私が抱いてたアイドル的ともさかりえ嬢でなく美しき演技派女優であった。
 主演の「篠原涼子」嬢の演技と相まってこのドラマのリピーターに…。
 「ともさかりえ」嬢の北浦華子の60年代フアッションは小学高学年から中学時代の想い出と重なる。
 街角の日活ポスターで「和泉 雅子(いずみ まさこ)」嬢に私がときめいてた時代である。
 故あって小学校卒業の日から映画やテレビを一切観ない決心した。
 ラジオを友として1970年3月まで続けた。
 雅子嬢の映画を今は視聴出来る時代である。
 60年代の時代風物の中で光り輝く雅子嬢と演技力に魅入ってしまう。
 60年代は遠き時に感じるかな…。
  (続く その4)
記事が、良いと感じたらクリックを ↓
               にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

…………………………………………………………………………………………………………
(関連記事)

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その1 ( 国分佐智子 vol-1 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その2(ともさかりえ vol-1)」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その3( ともさか りえ vol-2 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その4( ともさか りえ vol-3[篤姫] )」の想い出は…

** あらすじ   

** 北浦華子の衣装の写真集
…………………………………………………………………………………………………………                      ストーリー他 補足 ↓

Read more...

関連記事

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その4( ともさか りえ vol-3 [篤姫] )」の想い出は…

その4 ドラマと言う宇宙に煌めく星々(ほしぼし)の輝きの想い出を抱きて帰天の日来たらば我も天界に昇らん 訪問有り難う御座います。


070519-_1.jpg 「ともさか りえ」嬢との最初の出会いは、「金田一少年の事件簿 シリーズ(1995年 - 1996年、日本テレビ)」の七瀬美雪役だった。
 美雪の設定は、女子高生と思うが、記憶は定かでない。
 ともさか嬢は、16歳頃だったと思う。
 印象は大人びた面長の透明感のある少女と感じた。
首筋から頬にかけての表情が魅惑的女優として心魅かれた。
 その後は当時の年齢相応に仕事や子育てに追われテレビから遠ざかってた。
 ともさか嬢との再会は「ロッカーのハナコさん」の北浦華子 役であった。
 抱腹絶倒のドラマで毎日癒されてた。
 彼女のファッションは勿論、新しい面に接し印象深い女優さんの一人となった。
 大河ドラマ「篤姫」の小松清猷(こまつ きょみち)の妹で小松帯刀(こまつ たてわき)の妻お近(おちか)役で ともさか嬢の更なる一面に接し嬉しく感じてる。
 私には、ともさか嬢には、洋風の印象が強いのだが、お近役の「ともさか」嬢の和服姿に改めて魅了されてる。
(続き 製作中)

記事が、良いと感じたらクリックを ↓
               にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



…………………………………………………………………………………………………………
(関連記事)

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その1 ( 国分佐智子 vol-1 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その2(ともさかりえ vol-1)」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その3( ともさか りえ vol-2 )」の想い出は…

☆ドラマ「ロッカーのハナコさん その4( ともさか りえ vol-3[篤姫] )」の想い出は…

** あらすじ   

** 北浦華子の衣装の写真集

** 金田一少年の事件簿 (テレビドラマ)  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

** 第3シリーズ(2001年3月25日、7月14日 - 9月15日)の主演は松本潤
…………………………………………………………………………………………………………                      ストーリー他 補足 ↓

Read more...

関連記事

☆ドラマ『慶次郎縁側日記 / その2(森口三千代役の岡本綾)』の想い出は…

(森口三千代役の岡本綾)…ドラマと言う宇宙に煌めく星々(ほしぼし)の輝きの想い出を抱きて帰天の日来たらば我も天界に昇らん

ki51m


 回想の人物として登場する「森口三千代/亡くなった慶次郎の」役の「岡本綾」嬢の持つ清楚な印象は忘れ難い。

 三千代(岡本綾)は、慶次郎(高橋英樹)の回想シーンでセリフも殆ど無く淋しげに微笑む。
 彼女は、清楚で透明感溢れ印象的かつ鮮烈である。
 それが、森口慶次郎(高橋英樹)の哀切を強調して止まない。
 私も慶次郎の心情を重ね父親としての遣る瀬無さを共に過ごす。

 森口三千代(亡くなった慶次郎の娘/岡本綾)が、死に至る経緯が経緯だけに、慶次郎(高橋英樹)は、言うに及ばない。
 勿論 嫁いできた皐月(安達祐実)やその夫の養子の晃之助(比留間由哲)達、森口家に関わる人々に様々な影を落とす。
 三千代の想い出が、ドラマの至る所に、時には重く陰鬱に響き、可憐なさが悲劇をより強烈に駆け巡り切なさを訴える。

 それ故に、森口三千代(岡本綾)は、『慶次郎縁側日記』の影のヒロインと私が、勝手に思ってる登場人物である。
 
 岡本綾嬢を、視聴したのは、『慶次郎縁側日記』だけである。
 でも、可能性を感じてた。
 調べてみると、2007年5月にはテンカラットを退社し、芸能活動を休業中との事。
 「オードリー(NHK、連続テレビ小説、2000年-2001年) - 主演・佐々木美月 役 ※ナレーション兼任」で出演してることを知り、彼女の彗星のような輝きに納得。
 「壬生義士伝〜新撰組でいちばんつよかった男(テレビ東京、新春ワイド時代劇、2002年) - みよ 役」で出てたのので、機会があればこれらの作品を視聴し、再会を果たしたいものである。
(続く その3)
 
 


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

…………………………………………………………………………………………………………

(関連記事)

☆ドラマ『慶次郎縁側日記 その 1 ( かたせ梨乃 )』の想い出は …

☆ドラマ『慶次郎縁側日記 その2(森口三千代役の岡本綾嬢)』の想い出は…

☆ドラマ『慶次郎縁側日記 その3( 佐七/石橋蓮司 )』の想い出 は…

☆ドラマ「慶次郎縁側日記 その4 ( 加藤夏希/石橋蓮司 )の想い出は…
…………………………………………………………………………………………………………

                           補足↓

Read more...

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。