備忘録-2013年02月23日(土)

  • Day:2013.02.23 10:30
  • Cat:日誌
kigi10_15.jpg


備忘録-2013年02月23日(土)

 先週はの『dinner』(ディナー)』は、「志賀廣太郎」さん演じるオードブル担当(アンティパスト)「浜岡 孝太郎 (58) 」が、キーマンだった。

 このドラマを、私が評価してる点の一つに変に力まず肩の力の抜けたナチュラルな展開と語り口である。
 志賀廣太郎さんは、その事を佳く表現されててドラマの質に貢献されてると思う。
 
  八嶋 智人(やしま のりと)さんのややエキセントリックな演技や甲高い声との対照的な志賀廣太郎さんの渋い演技と良く通るテノール?バリトンが、絶妙に絡み合って私には、堪らないドラマの味として感じられる。

 第六話のゲストは、堀内敬子さんであった。

 堀内敬子さん演じる「中村 弓子」は、1年に1度「Roccabianca」を訪れていたが、夫の海外赴任に伴い、最後の来店となる。
 楚々とした面持ちや風情は、何か得をした気持ちになった。
 特に、海外に旅立つ前に招待に応じロッカビアンカで食した後の笑顔には、魅せられてしまったのだが…。
 

 
  (参考)堀内敬子 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


備忘録-2013年02月17日(日)

 ドラマの『dinner』(ディナー)』は、綺羅星の如く芸達者な個性的俳優さんが、出演してて楽しみが尽きない。
 
 八嶋 智人(やしま のりと)さんも、その一人ですが…。
 ドラマ『美女か野獣(2003年、フジテレビ)』 戸渡千太郎 役が、最初の出会いだった。
 癖のある個性が、奇妙に印象的だった。

 パパとムスメの7日間(2007年、TBS) - 中嶋耕介 役で、再会して八嶋さんの演じるキャラに強い印象を感じた。

 怪物くん(2010年4月-6月、日本テレビ) - ドラキュラ 役では、笑いをこらえるに必死だった。

 GM〜踊れドクター(2010年7月 -9月 、TBS) - 曽根智雄 役も、 ダーティ・ママ!(2012年1月-3月、日本テレビ) - 深沢保 役も、大変楽しませてもらった。

 閑話休題、今夜は、『恋ノチカラ(2002年)』 - 楠木賢明役で、私の記憶に刻印を捺した「志賀廣太郎」さんにスポットがあたる。
 演じてる役は、オードブル担当(アンティパスト)「浜岡 孝太郎 (58) 」である。
 どの様な展開になるのか、期待に胸膨らむばかりなのだが…。


(参考)八嶋智人  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    志賀廣太郎 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



備忘録-2013年02月10日(日)

 ドラマの『dinner』(ディナー)』で、今楽しませてもらってる。

 中でも、「松重豊さん」の存在感に酔いしれてる。
 印象に残ってる作品に枚挙に暇ない。

 近々では、『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜(2012年10月- 、フジテレビ)』 - 日下哲也 役は、言うに及ばず。

 『夏の恋は虹色に輝く』(2010年7月-9月、フジテレビ)- 青木久雄 役は、周囲の演技陣を、絶妙に引き立てていたように感じられた。

不毛地帯(2009年10月-2010年3月 フジテレビ)』 - 小出宏 役の情けない男の有り様に、印象的で切なさと憐愍(れんびん)の情を覚えて堪らなかった。

 『ロッカーのハナコさん』(2002年-2003年NHK) - 椎名俊輔 役は、前にも話したように「松重豊さん」とのファストコンタクトである。

 今まで、松重さんの出演ドラマで、私が、最も好感を抱いてる役柄なのだが…。

(参考)松重豊 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 

備忘録-2013年02月02日(土)

 今視聴中のドラマは、『dinner』(ディナー)』である。
 2013年1月13日からフジテレビ系列「ドラマチック・サンデー」枠(毎週日曜日21:00 - 21:54〈JST〉)で放送中なのだが…。

 主演は江口洋介さん。

 架空のイタリアン・レストラン「Ristorante Roccabianca」(リストランテ・ロッカビアンカが、舞台である。

 キャッチコピーは「ひとつまみのスパイスが、人生をもっと美味しくする。」が、ピッタリ嵌まってる。

 私好みのドラマなので、楽しく拝聴中…。

 ①視聴を重ねるごとに、江口洋介さんに『救命病棟24時 (2001年、フジテレビ)』のテイストを感じてた。

 ②又、舞台設定は、『ソムリエ (1998年、関西テレビ/共同テレビ)』の薫りをまき散らす。
 登場人物は、絶妙の絡み合いを演じてくれる。

 特に、以前お話したドラマ『ロッカーのハナコさん(NHK)』の「椎名俊輔 役」で好演してた「今井 耕助 役」の松重豊さんが、佳い味を出してる。

 前述の①②が、気になったので調べたら、脚本 は、 黒岩勉さんと田辺満さんである。
 
 田辺満さんは、「ソムリエ」や「救命病棟24時 」や「離婚同居(2010年、NHK/テレビマンユニオン)」の脚本を手がけた人であった。

 なるほどと、得心が行き「わが意を得たり」と一人悦に入ってるのだが…。

(参考)
      ドラマ「dinner/2013年1月13日からフジテレビ系列で放映中」 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

      田辺満 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

       「ロッカーのハナコさん」の過去の記事

 

スポンサーサイト
関連記事

備忘録-2013年02月17日(日)

  • Day:2013.02.23 09:38
  • Cat:日誌
070423_c-_1.jpg備忘録-2013年02月17日(日)

 ドラマの『dinner』(ディナー)』は、綺羅星の如く芸達者な個性的俳優さんが、出演してて楽しみが尽きない。
 
 八嶋 智人(やしま のりと)さんも、その一人ですが…。
 ドラマ『美女か野獣(2003年、フジテレビ)』 戸渡千太郎 役が、最初の出会いだった。
 癖のある個性が、奇妙に印象的だった。

 パパとムスメの7日間(2007年、TBS) - 中嶋耕介 役で、再会して八嶋さんの演じるキャラに強い印象を感じた。

 怪物くん(2010年4月-6月、日本テレビ) - ドラキュラ 役では、笑いをこらえるに必死だった。

 GM〜踊れドクター(2010年7月 -9月 、TBS) - 曽根智雄 役も、 ダーティ・ママ!(2012年1月-3月、日本テレビ) - 深沢保 役も、大変楽しませてもらった。

 閑話休題、今夜は、『恋ノチカラ(2002年)』 - 楠木賢明役で、私の記憶に刻印を捺した「志賀廣太郎」さんにスポットがあたる。
 演じてる役は、オードブル担当(アンティパスト)「浜岡 孝太郎 (58) 」である。
 どの様な展開になるのか、期待に胸膨らむばかりなのだが…。


(参考)八嶋智人  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    志賀廣太郎 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



備忘録-2013年02月10日(日)

 ドラマの『dinner』(ディナー)』で、今楽しませてもらってる。

 中でも、「松重豊さん」の存在感に酔いしれてる。
 印象に残ってる作品に枚挙に暇ない。

 近々では、『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜(2012年10月- 、フジテレビ)』 - 日下哲也 役は、言うに及ばず。

 『夏の恋は虹色に輝く』(2010年7月-9月、フジテレビ)- 青木久雄 役は、周囲の演技陣を、絶妙に引き立てていたように感じられた。

不毛地帯(2009年10月-2010年3月 フジテレビ)』 - 小出宏 役の情けない男の有り様に、印象的で切なさと憐愍(れんびん)の情を覚えて堪らなかった。

 『ロッカーのハナコさん』(2002年-2003年NHK) - 椎名俊輔 役は、前にも話したように「松重豊さん」とのファストコンタクトである。

 今まで、松重さんの出演ドラマで、私が、最も好感を抱いてる役柄なのだが…。

(参考)松重豊 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 

備忘録-2013年02月02日(土)

 今視聴中のドラマは、『dinner』(ディナー)』である。
 2013年1月13日からフジテレビ系列「ドラマチック・サンデー」枠(毎週日曜日21:00 - 21:54〈JST〉)で放送中なのだが…。

 主演は江口洋介さん。

 架空のイタリアン・レストラン「Ristorante Roccabianca」(リストランテ・ロッカビアンカが、舞台である。

 キャッチコピーは「ひとつまみのスパイスが、人生をもっと美味しくする。」が、ピッタリ嵌まってる。

 私好みのドラマなので、楽しく拝聴中…。

 ①視聴を重ねるごとに、江口洋介さんに『救命病棟24時 (2001年、フジテレビ)』のテイストを感じてた。

 ②又、舞台設定は、『ソムリエ (1998年、関西テレビ/共同テレビ)』の薫りをまき散らす。
 登場人物は、絶妙の絡み合いを演じてくれる。

 特に、以前お話したドラマ『ロッカーのハナコさん(NHK)』の「椎名俊輔 役」で好演してた「今井 耕助 役」の松重豊さんが、佳い味を出してる。

 前述の①②が、気になったので調べたら、脚本 は、 黒岩勉さんと田辺満さんである。
 
 田辺満さんは、「ソムリエ」や「救命病棟24時 」や「離婚同居(2010年、NHK/テレビマンユニオン)」の脚本を手がけた人であった。

 なるほどと、得心が行き「わが意を得たり」と一人悦に入ってるのだが…。

(参考)
      ドラマ「dinner/2013年1月13日からフジテレビ系列で放映中」 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

      田辺満 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

       「ロッカーのハナコさん」の過去の記事

 

関連記事

備忘録-2013年02月10日(日)


kimika.jpg備忘録-2013年02月10日(日)

 ドラマの『dinner』(ディナー)』で、今楽しませてもらってる。

 中でも、「松重豊さん」の存在感に酔いしれてる。
 印象に残ってる作品に枚挙に暇ない。

 近々では、『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜(2012年10月- 、フジテレビ)』 - 日下哲也 役は、言うに及ばず。

 『夏の恋は虹色に輝く』(2010年7月-9月、フジテレビ)- 青木久雄 役は、周囲の演技陣を、絶妙に引き立てていたように感じられた。

不毛地帯(2009年10月-2010年3月 フジテレビ)』 - 小出宏 役の情けない男の有り様に、印象的で切なさと憐愍(れんびん)の情を覚えて堪らなかった。

 『ロッカーのハナコさん』(2002年-2003年NHK) - 椎名俊輔 役は、前にも話したように「松重豊さん」とのファストコンタクトである。

 今まで、松重さんの出演ドラマで、私が、最も好感を抱いてる役柄なのだが…。

(参考)松重豊 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 

備忘録-2013年02月02日(土)

 今視聴中のドラマは、『dinner』(ディナー)』である。
 2013年1月13日からフジテレビ系列「ドラマチック・サンデー」枠(毎週日曜日21:00 - 21:54〈JST〉)で放送中なのだが…。

 主演は江口洋介さん。

 架空のイタリアン・レストラン「Ristorante Roccabianca」(リストランテ・ロッカビアンカが、舞台である。

 キャッチコピーは「ひとつまみのスパイスが、人生をもっと美味しくする。」が、ピッタリ嵌まってる。

 私好みのドラマなので、楽しく拝聴中…。

 ①視聴を重ねるごとに、江口洋介さんに『救命病棟24時 (2001年、フジテレビ)』のテイストを感じてた。

 ②又、舞台設定は、『ソムリエ (1998年、関西テレビ/共同テレビ)』の薫りをまき散らす。
 登場人物は、絶妙の絡み合いを演じてくれる。

 特に、以前お話したドラマ『ロッカーのハナコさん(NHK)』の「椎名俊輔 役」で好演してた「今井 耕助 役」の松重豊さんが、佳い味を出してる。

 前述の①②が、気になったので調べたら、脚本 は、 黒岩勉さんと田辺満さんである。
 
 田辺満さんは、「ソムリエ」や「救命病棟24時 」や「離婚同居(2010年、NHK/テレビマンユニオン)」の脚本を手がけた人であった。

 なるほどと、得心が行き「わが意を得たり」と一人悦に入ってるのだが…。

(参考)
      ドラマ「dinner/2013年1月13日からフジテレビ系列で放映中」 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

      田辺満 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

       「ロッカーのハナコさん」の過去の記事

 

関連記事

備忘録-2013年02月02日(土)

  • Day:2013.02.02 09:19
  • Cat:日誌

070519-_1.jpgランキングに参加中。 応援クリックのワンクリック頂ければ嬉しいです。 → にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

備忘録-2013年02月02日(土)

 今視聴中のドラマは、『dinner』(ディナー)』である。
 2013年1月13日からフジテレビ系列「ドラマチック・サンデー」枠(毎週日曜日21:00 - 21:54〈JST〉)で放送中なのだが…。

 主演は江口洋介さん。

 架空のイタリアン・レストラン「Ristorante Roccabianca」(リストランテ・ロッカビアンカが、舞台である。

 キャッチコピーは「ひとつまみのスパイスが、人生をもっと美味しくする。」が、ピッタリ嵌まってる。

 私好みのドラマなので、楽しく拝聴中…。

 ①視聴を重ねるごとに、江口洋介さんに『救命病棟24時 (2001年、フジテレビ)』のテイストを感じてた。

 ②又、舞台設定は、『ソムリエ (1998年、関西テレビ/共同テレビ)』の薫りをまき散らす。
 登場人物は、絶妙の絡み合いを演じてくれる。

 特に、以前お話したドラマ『ロッカーのハナコさん(NHK)』の「椎名俊輔 役」で好演してた「今井 耕助 役」の松重豊さんが、佳い味を出してる。

 前述の①②が、気になったので調べたら、脚本 は、 黒岩勉さんと田辺満さんである。
 
 田辺満さんは、「ソムリエ」や「救命病棟24時 」や「離婚同居(2010年、NHK/テレビマンユニオン)」の脚本を手がけた人であった。

 なるほどと、得心が行き「わが意を得たり」と一人悦に入ってるのだが…。

(参考)
      ドラマ「dinner/2013年1月13日からフジテレビ系列で放映中」 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

      田辺満 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

       「ロッカーのハナコさん」の過去の記事

 

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。